先代デリカスペースギアから刷新され、2007年にデビューをしたCV型デリカD:5。2019年2月にはビッグマイナーチェンジを行い、ディーゼルモデルは新しくフェイスリフトされ注目を集めています!
世界で唯一のオールラウンダーミニバンであるCV型デリカD:5は、タウンユースはもちろんオフロードも得意としており、アウトドアのお供としても大活躍!
そんなデリカD:5を快適に、便利に楽しむ上で非常に重要になってくるのが内装パーツで、アフターパーツメーカーから様々なパーツがリリースされています。
今回は前期型、後期型問わずCV型デリカD:5オーナーなら知っておきたい「デリカをもっと便利に、快適にするオススメの内装パーツ79選」をご紹介します!

内装の雰囲気に一番影響するシートカバー!

座り心地や触り心地はもちろん、インテリアの雰囲気を演出する上で重要になるのがシートカバーです!
肌身に触れるパーツだからこそ人一倍拘りたい!

アクティブなデリカだからこそフロアマットが大事!

アウトドアで大活躍するデリカD5は、フロアマットが超重要!
ヘビーデューティー派?ラグジュアリー派?

インパネカスタムで内装を自分好みに!

前期型に比べ後期型は内装の質感が向上していますが、自分好みにアレンジするならインテリアパネルやアシストグリップのカスタムがオススメ!

必ず触るシフトノブだからこそ拘りたい!

純正でも十分機能は果たしているものの、運転中触れる機会が多いシフトノブだからこそ拘りたくなりませんか?
デリカD:5らしい武骨なシフトノブはコレ!

ペダルを最適化してドライブを快適に!

純正では黒いラバー素材のペダルとなっており、味気なさがあります。
ペダルやフットレストをカスタムすることで、ドライブがもっと快適になる!

いつものドライブをもっと楽しくするステアリング!

デリカD:5に限らずどんな車でも運転する際にはハンドルを握ってドライブをします。
握るステアリングが変わるだけで、ドライブの楽しみ方が一気に変わる!?

LEDで室内を明るく!

ミニバンという側面をもつデリカだからこそ、ルームランプを明るくして快適な空間にしたいですよね!
デリカならではのLEDカスタムはコレ!

便利アイテムで車中泊をもっと快適に!

デリカD:5を120%楽しむ上で重要になるのが車中泊!
ただシートを倒すだけでなく、カスタムパーツを活用するだけで安眠が手に入る!

あると便利な内装パーツ!

オールラウンダーミニバンのデリカD:5には、デリカならではの内装パーツが多く存在します。
他のデリカとは一味違う、内装カスタムパーツが見逃せない!

特集まとめ

今回はCV型デリカD:5オーナーなら知っておきたい「デリカをもっと便利に、快適にするオススメの内装パーツ79選」をご紹介しました!

2007年にCV型がデビューしてから早12年が経過し、2019年2月にはディーゼルモデルのみ後期型へとフェイスリフトが行われました。
後期型なったことでエクステリアデザインの変更はもちろん、内装の充実化が図られ、使い勝手はそのままに質感が大幅に向上しています。

前期型(MC前)と後期型(MC後)とで内装は大きく異なり、流用できるパーツは限られています。
流用できるパーツは後付けのテーブルやベッドキット、アシストグリップ、サンシェード(レーザーシェード)などが挙げられ、逆に流用できないパーツはステアリングやシフトノブ、エアコンダイヤル、シートカバーなどで形状が異なります。

デリカD:5向けに内装のカスタムパーツをリリースしているアフターパーツメーカーは、TGS AUTOMOTIVE TECHNOROGY(ティージーエス オートモーティブテクノロジー)、輝オート(ヒカリオート)、JAOS(ジャオス)、ROAD HOUSE(ロードハウス)、CRAFT PLUS(クラフトプラス)、COLT SPEED(コルトスピード)、SHINKE(シンケ)、REAL(レアル)などが挙げられます。

アクティブに使用したデリカD:5だからこそ、インテリアカスタムをする上で重要になってくるのがシートカバーでは無いでしょうか?
純正ではファブリック生地がベースとなっており、メーカーオプションで本革のシートが選べるのみで、シートカラーと素材のバリエーションが非常に少ないのです。
そこでオーナー好みのシートカバーを装着することで、質感の向上と同時に、内装の雰囲気にも変化を与えるので、シートカバーカスタムは非常に費用対効果が高いパーツと言えます。

またアウトドアなどを楽しむユーザーであればフロアマットにも拘りたいところ。
一般的には繊維素材のフロアマットが多く占める中、泥、砂、雪汚れを気にせず乗りたいのであればラバー素材のフロアマットがオススメ!
水や汚れに強く、洗いやすいことが特徴で、ラバー素材であることから洗っても乾かす手間が省けるので非常に便利です。

ミニバンとしての一面を持つデリカでも、ドリンクホルダーの位置がイマイチだったりします。
そこでセンターコンソールに追加のテーブルを設置することで、取り出しやすさが向上し、スマートフォンなども置いておけるので利便性が向上します。
後部座席用のテーブルもあるので、お子様や同乗者を乗せる機会が多いユーザーであれば必見カスタムパーツの1つと言えるでしょう。

デリカD:5最大の醍醐味といえばアウトドアや旅先での車中泊ではないでしょうか?
オフロード走行性能に優れているデリカD5だからこそ、山の奥地まで容易に行くことができ、キャンプを楽しみながら車内で宿泊することでリーズナブルにアウトドアを楽しむことができます。
車中泊を快適にするパーツと言えばベットキット、サンシェード、マットレスなどが挙げられます。

デリカの後部座席を倒すことで寝床にはなりますが、完全なフラットにはならないため、そのまま寝てしまうと腰を痛めてしまったり十分な快適性は確保できていません。
フルフラットにするベットキットや、シートの凹凸を感じさせないマットレスを使用することで快適な睡眠を確保することができ、状況に応じてサンシェードを活用することで温度管理もできるので、デリカD:5で車中泊を楽しむ上では必需品とも言えます。

CV型デリカD:5向けの内装パーツは、ドレスアップ用途はもちろん、実用性重視のパーツが非常に多く、デリカでカーライフを楽しむ上では内装カスタムは非常に重要な役割を果たします。
今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!

出典:モタガレパーツ